郷土芸能 お囃子の祭典(富士見市)

平成25年1月20日(日)の13時から富士見市民文化会館キラリ☆ふじみメインホールにおいて富士見市市制施行40周年・富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ開館10周年記念事業「郷土芸能お囃子の祭典」が開催されました。
画像

画像

画像

画像


水子石井囃子保存会さん 三番叟
画像

画像

画像

画像




水子城之下組囃子連さん 寿獅子舞
画像

画像

画像

画像




水子石井囃子保存会さん 鎌倉・四丁目・屋台・仁羽
水子城之下組囃子連さん 鎌倉・仕丁舞・屋台・仁羽
画像

画像

画像

画像




水子石井囃子保存会さん 村まつり
画像

画像

画像

画像




水子城之下組囃子連さん 福は来る・女男の釣栄(めおとのつりばえ)
画像

画像

画像

画像




共演(仁羽)
画像

画像

画像

画像




富士見市民文化会館 キラリ☆ふじみ
埼玉県富士見市大字鶴間1803-1


水子石井囃子保存会は江戸時代末期の万延元年(1860年)に三芳町竹間沢から囃子を、踊りは同じく竹間沢の神楽師前田太夫から習ったものと伝えられています。30数年前には志木市中野地区と朝霞市富士見地区に囃子を伝えています。曲目は仁羽、屋台、四丁目、昇殿、神田丸、鎌倉です。

水子城之下組囃子連は明治35年頃に富士見市岡ノ坂付近で始められました。曲目は仁羽、屋台、仕丁舞、昇殿、岡崎、鎌倉があります。平成7年には里神楽民宝流三世の岡田民五郎師(さいたま市)に師事し舞台演目として「福は来る・女男の釣栄」や「両面踊り」を習得しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック